英語学習

  • 2015.11.14 Saturday
  • 05:25

数年前から英語学習の必要性ありと感じて学習に取り組んできた。とはいえ、毎日決まった時間を確保するのは難しい。それでもなるべく教材は開くようにはしてきた。教材というのは、英文法の参考書、英和辞典、和英辞典、英英辞典、など。特に、英文法の参考書は最も重要な教材と捉えている。

よく、英文法なんかやっても会話ができなけりゃ仕方がないんじゃないかと指摘される。しかし、人様のことは知らんが、私にとっては会話なんかができる必要は今のところない。むしろ読解できければ意味がない。なぜなら、英語学習の必要性を感じたきっかけが、「読めない」経験にあったからだ。

あるテーマで文章を書けという。取材はできない。資料が乏しい割に、大半が英語のテキストとくる。そんな案件はこれっきりだと、アルクのWeb翻訳先生と英辞郎先生、それから手持ちの古い辞書でなんとかしのいだ。ところがそんな案件が半年と間を置かずに、また、別のクライアントから来た。偶然かも知れないが、これからも全く無いことはないんだと悟った。クライアントの多くはベンチャー企業。むしろ増えるかも知れない…。いやそうではなくても、必須なのではないか?それは勘違いかもしれないが、インターネット上のテキスト情報の多くの割合を英語が占めているのであれば読めて損はない、とその時の私は考えた。

構造か複雑な英文を読解するにはどうしても文法が必要だ。最初に手にしたのは、ちょっぴり難しい参考書ですぐに挫折した。1年ぐらい後に手にした新書版の「一生モノの英文法」という本に出会わなければ、それで終わっていたのかも知れない。その後、同じ著者の別の本を2回ぐらい読み通すと、一度挫折した参考書も一通り読み終えることが出来た。

下手の横好きで、どの程度身に付いたのかは怪しい。ただ、昨年は、海外の展示会に出展するのに急きょ英語のWebサイトが必要になったから書けという無茶ぶりに渋々応え、後にそれを読んだネイティブから、「間違いではないがダサい」という一定の評価(?)を得るまでには至ったのだ。まあ、アルクのサイトに全く頼らなかったかと言われれば、否定は出来ないし、もとより英作文を飯の種にするつもりも現状ではさらさらない。ただ、こうして少しずつ前に進めれば良いかと、亀のごとき歩みを楽しんでいる。

物語構築力

  • 2015.11.14 Saturday
  • 00:19
ヒアリングの他に、もう一つ課題がある。それはストーリー構成だ。 これもお客さんからは褒められるが、実際のところ、アウトプットにえらい時間がかかっている。ギャラと比較するとしたら(実際は比較しても仕方がないとは思っている)、全くバランスが取れないぐらいの時間をかけている。ちょっとここらで勉強してみよう。もちろん、小説を書いたり脚本を書いたりするわけではないが、映画やドラマのシナリオや小説などの構成手法は、コンテンツマーケティングでも参考になることは沢山ある。

テーマは「時は金なり」

  • 2015.11.12 Thursday
  • 02:15
「人の話を聞くのが上手」というお褒めの言葉を頂くことが多い。あるストレングスファインダーの講師に取材をする機会があり、その時に自分の資質を伝えてみると、「インタビューに向いている」と言われてこっぱずかしい思いをした。だが、本人にはその自覚がなく、ヒアリングが終わるたびに自己嫌悪に陥る。やたらと時間をかけてしまうからだ。講師さま曰く、「“共感力”があるから」とのことだが、使い方を間違うとマイナスになるとはそういうことか。資質をうまく使う方法がよくわからないので、実感もわかない。

成果物がそれなりに出来ているということで、クライアントからもあまりお咎めを受けず、長い間「こいつが取材するときは長引くが、ちゃんと上がって来るからそれでもOK」的な雰囲気でやっている。それはそれで有難いようだが、やはり時間をかけることはあまり良くないという風に今更ながらに思い始めた。やはり人様の時間を奪うということは罪なのだ。だからしばらくの間は、「時は金なり」をモットーとして、ヒアリングに挑みたい。決められた時間の中で話しを聞いて、その中で書くということが出来なければプロではない。明日から当面の間はその意識でやる。

「タスクとスケジュールを管理する – その7 OneNote と Outlook の連携」を真似してみた

  • 2014.11.05 Wednesday
  • 02:52
マイクロソフト 世界最強の仕事術」というブログに、OneNoteとOutlookを連携させたタスクとスケジュールを管理する方法が載っていた。
 

タスクとスケジュールを管理する – その7 OneNote と Outlook の連携


(以前からOneNoteとOutlookが連携できるのが便利だと思いつつ、Outlookのタスクは、クラウドで同期がとれなかったので惜しいと思っていた。ところがなんと、それはOutlook2010までの話で、どうやら2013では同期がとれるようになっていたようだ。)

このブログに書かれた方法は組織の中で、チームメンバーとともにタスクやスケジュールを共有する方法として書かれているが、そうではない、たとえば私のような一人SOHOにとっても、とても良いと思う。
なんといっても、OneNoteに記したタスクがOutlookに反映され、さらにそれが、クラウドを介してほかの端末にも同期がとれる。その現象を眺めているだけでも、面白い。
ただし、これを本当に活用しようとすれば、スマートフォンかタブレットのようなモバイル端末の存在は不可欠だ。外出先でちょこちょこ確認するには、ノートパソコンだと敷居が高い。別にiPhoneやAndroidでもいいんだけど、せっかくならWindowsPhoneを使いたいもんだよ。Widowsのタブレットでもいいけどね。8インチがもうちょっと充実してくれないかなと思っている。



 

ロイヤル英文法

  • 2014.10.28 Tuesday
  • 16:34
表現のための実践ロイヤル英文法、一回目読了。途中の演習はとりあえず飛ばした。理由は、解説があまりに貧弱だから。別に出てる、演習の方が手厚いので、これからやる。同時に、別冊の暗記用例文にも取り組む。

途中挫折もしかけたが、とにかく一回は読み通した。あと2回は読む。

BAMBOO PAD…舌の根も乾かぬうちに

  • 2014.10.27 Monday
  • 04:13
ネットで発見してどうしても試したくなって衝動買いしてしまった。
BAMBOO PAD。
先日、手書きは意外に便利ではなかったと書いたが、WordやPDFに手書きで修正指示ができればやはり便利であることは確か。
ワコムのホームページで、BAMBOO PADならそれができるということだったので、買ってみた。そして届いた。
まずは、Windows 7のデスクトップにつないで、GIMPで写真を切り抜く作業をしてみた。
マウスより、作業はスムーズ。腕にかかる負担も少ないように思う。
これだけでも買う価値あったかも。しかし、OneNote上での描画は、むちゃくちゃ性能が高いとは感じなかった。

ところが、Windows8.1のノートにつないで使ってみたら、これがかなり使いやすかった。
まあ、紙のように書ける、というコピーは、大げさ、というよりウソだが、スタイラスペンでディスプレイに直接書くよりも、高い精度でフリーハンドで書けることは確か。

それとスクロールしたり、クリックしたりという動きは、マウスより腕が断然疲れにくい。

これ、マウスにとって変わる、かも。

手書き認識が意外に便利でした

  • 2014.10.26 Sunday
  • 00:49
パソコンを買いかえて2週間ぐらいたつた。
当所、タッチパネル式を買ったのは0nenoteの手描き機能が使えると便利と思ったから。
しかし、意外に便利でもなかった。
そのかわりと言うかなんと言と言うか、手描きではなく手書き認識機能が結構便利。
キーボード打っのが辛い時に、てきそうな姿勢で文字入力ができる。
そう、たった今も、そうやって入 力している。
ただ、これだと、スタイラスペンは不要だ。
3000円、ムダな出費をしてしまった。
まあ、何ごともやってみなければわからない。
良い勉強になった。